子どもの運動


thumbnail

福島の子どもたちの体力・運動能力の低下を取り戻すための遊びとは?

夏の訪れとともに、真っ黒に日焼けをした子どもが増えてきました。サッカーをしたり、プールで沢山泳いだりしているようです。ところが一方で、「最近すぐ“疲れた”と言うのです」、「よく転びます」、「つまずいただけで骨折しました」などという話も耳にします。新聞紙面では、福島の子どもたちの体力・運動能力の低下を…


140620_8

逆上がり(鉄棒)をかんたんにマスターする方法とは?逆上がりのコツ!

難しいからこそ成功したときの達成感は格別 小学校の体育では、どの学年でも必ずてつぼうの授業があります。これにはちゃんと理由があって、てつぼうで使う腕や足、お腹の筋肉は、他のスポーツや日常生活で体を動かすときにも基礎となってくるからです。そして多くの子どもにとって、てつぼうが好きか嫌いかの分かれ道とな…

,,,,


140620_7

倒立前転(マット運動)は教え方が大事!かんたんな方法で倒立前転をマスターしよう!

成功体験をすることで苦手意識が解消する 子どもたちにとってマット運動や跳び箱などの器械体操は、体育の授業の中でも好き嫌いがはっきり分かれる種目だと言われています。思うように技ができなかったり、失敗して痛い思いや怖い思いをすることで、苦手意識が芽生えてしまいがち。でも、難しい技に成功したときの達成感や…

,,,,


140620_6

短距離走がグンと速くなる!?子どもに教える正しい走り方とコツ

走ることはあらゆる運動の基本。それだけに純粋にその速さが求められる短距離走は、足が遅い子にとって、苦手意識を持ちやすい競技です。どうすれば速く走れるのか!?重要になってくるのが正しいフォームです。そこで今回は、ポイントとなる3つの動きに注目。ここを直せば運動会の1等賞も夢じゃない! スタートの構えで…

,,,,,


140620_6

卓球は子どもの敏しょう性・集中力・判断力を鍛えられる!今すぐ卓球を練習しよう!

卓球は、小さい子どもからでも始めることができ、年齢や体格の差がなく楽しめるスポーツです。敏しょう性や集中力、とっさの判断力も身につき、子どもの成長にも効果的!中でも、ピンポンと打ち合うラリーの楽しさは、この競技ならではの魅力です!そこで今回は、ラケットを握ったことのない人でも覚えられる卓球の技術をご…

,,,,


140620_3

水泳の練習はお風呂でできる!子どもが泳げるようになるための水泳講座・入門編

子どもたちの遊び方が変わり、体を動かす機会が減っています。学校の体育の授業では限界もあり、子どもたちの運動不足は深刻な問題。でも体を動かすことってほんとはとっても大事なコトですよね!そこでarukuではインストラクターの先生に、運動が苦手な子どもへのアドバイスや家庭でできる上達法を聞いてきました。 …

,,,,,,,,


140620_2

子どもに水泳を教えるためには、海や川・プールでたくさん遊ばせることです。

水遊びを通して水の感覚を体で覚える もともと子供たちは水に対して強い好奇心をもっています。とはいえ、学校の授業だけで急に泳げるようになるわけではありません。また、小さい頃に水への恐怖心をもってしまうと、それを克服することは簡単なことではありません。子供たちには、なるべく水に触れる機会を増やしてあげて…

,,,,,,


140620_1

子どもに水泳を教えるときは、正しくきれいなフォームを教えてあげよう。

最近、子どもたちの体力低下が問題になっています。学校で体育嫌いの子どもも増えているそう。本来の運動の大切さと楽しさを見つめなおそうと、インストラクターの先生に家庭でできる上達法や運動が苦手な子へのアドバイスを聞いてきました。 ストロークとキックは、スピードよりも大きさが重要 夏休み、海やプールで泳ぐ…

,,,,,,,


140620_5

福島県のスキー場で初めてのスキー!少しでも感覚を掴むためのコツとは?

真っ白なゲレンデと澄み切った青空—大自然に囲まれた中でのウインタースポーツの楽しさは、この季節でしか味わえない格別なもの。でも”寒いから…、痛いから…“と敬遠している未経験者も多いのでは?そこで今回のaruku運動教室では、初めてのスキーで少しでも感覚を掴むために覚えておきたいポイントをアドバイス。…

,,,,


トップに戻る

ピックアップ幼稚園