子どもが夢を見つけるきっかけとは?幼稚園の先生になる夢を抱いた子どもの話

子どもが夢を見つけるきっかけとは?幼稚園の先生になる夢を抱いた子どもの話

子育て支援 ,

 お久しぶりです。ホームスタートビジター、フットケアセラピストとあれこれやっていますが、プチママンでは主にブログでの情報発信と発達支援を担当している力丸です。今回は娘のことを話したいと思います。
 高校二年になった娘は一人っ子で、従兄弟らは、年齢も住んでいる場所も離れていて、なかなかみんなで集まる機会もないこともあり、夏・冬休みなど長期休暇中のプチママンイベントのミーティングで、通称スタ子(スタッフの子供)同士が集まるのをとても楽しみにしています。スタ子には、同い年の子もいますが、ほとんどが年下の子ばかりで、その子供と遊んだり、お世話したりするうちに「自分は小さい子の面倒を見るのが好きなのかもしれない」と感じるようになったようでした。
 それなら興味のあることにはどんどんチャレンジさせてやろう!せっかくだから普段私自身が、どんな事をしているのか知ってもらおう!と娘と都合のつく日には、出来るだけプチママンへ連れて行き、小さい子とふれあえる場をたくさん作りました。その甲斐あってか、自分の担任だった先生のように、子ども一人一人と一生懸命向き合い、いつも優しい笑顔でいてくれた幼稚園の先生を目指すことに決めたようです。ただ、先生として必須のピアノは全くの初心者なので、プチママンリトミック講師のスタッフにお願いして、レッスンをしてもらっています。
 スタッフの中には、幼稚園の先生を経験してきた人がたくさんいるので、実際に話を聞いたり、ひろばへ来場しているママ達と話したりして、子どもへの接し方を自分なりに研究しているようです。
 今年初めに開催した十周年感謝祭では、着ぐるみを着てステージに登場したり、夏休み中は、学生ボランティアとしてお手伝いをしたりと、様々な子育て支援活動にも参加しました。おかげでたくさんのママたちとも顔見知りになり「うちの子が幼稚園に入るまでには、先生になれるように頑張ってね。」と温かい声をかけていただき、一層夢に向かえる何よりの励みになったようです。
 子どもは、どんな事がきっかけで将来の夢について考えるようになるかはわかりません。だからこそ、様々な体験や経験を通して自分が選択できるようになれればと思っています。娘は時々ひろばへも来ていますので、着ぐるみに変身していない時には、気軽にお話してみて下さいね。

(力丸久美子)

150901_2
法人名 NPO法人 子育て支援 コミュニティプチママン
ひろば開放日 月・火・木・金 10:00-14:00
TEL 024-983-1925
URL http://www.petitmaman.jp/

トップに戻る


前の記事

後の記事


福島県内の子育てママはこんな記事も読んでいます。

ピックアップ幼稚園