カンガルー親子の旅立ち…いずれママと違う時間を過ごすときがくる。

カンガルー親子の旅立ち…いずれママと違う時間を過ごすときがくる。

子育て支援 

 私は、プチママンでベビーリトミックを担当している小笠原です。ベビーリトミックの日のひろばは、ママと赤ちゃんの笑顔と賑やかな声であふれています。赤ちゃん達は皆ママにピッタリくっついて、ちょっとでもママが離れると大号泣。でも、私にはそんな姿も懐かしく、必死の大泣きを前にほっこりした気持ちになります。
 私には小学校4年生と2年生の娘がいます。小さい頃は ママ、ママ と、とても泣き虫でした。家事をしていても、お小言の最中も、遊んでいる時でさえも、抱っこや膝の上を離れられませんでした。もっと周りに興味を持って、私の存在を忘れるくらい何かに夢中になれたらいいのに…
と、他の子と比較して悩んだ時期もありました。
「ああ、私達はカンガルー親子…」
ところが、よそのママやお友達に何度も声をかけてもらいながら膝の上に居続けたある日、その時は突然やって来たのです。差し伸べられたお友達の手を取り、自分から膝をおりていきました。あの時の

やった!!と思った反面、初めての淋しさを感じたのをよく覚えています。娘はカンガルーの袋の中で飛び出す準備をしていたのです。今では娘たちは私の手を離し、自分の社会の中で毎日楽しく生活しています。そんな中、今でもたまに私のカンガルーの袋に入ってきて甘えてきます。2人を抱え終わりのない様に感じていた時間も、今では懐かしい私の宝物です。
 今、お子さんと二人きりの時間を過ごしているママたちへ。「ママが世界の全て」という赤ちゃん達も、いずれ必ずママとは違う時間を過ごすようになります。どうか今この時を大切に楽しんでください。そして少し疲れた時には、ぜひプチママンへ遊びに来てください。同じ年頃の子を持つママ、先輩ママたちとおしゃべりしてスッキリしていただけたらと思います。
 最後に、ベビーリトミックはママとの安心感と温もりの中、スキンシップと音楽で赤ちゃんの様々な気付きを促していきます。赤ちゃんとの毎日の楽しい生活にお役立ていただけたら幸いです。

(小笠原 麻理子)

150404_4

法人名 NPO法人 子育て支援 コミュニティプチママン
ひろば開放日 月・火・木・金 10:00-14:00
TEL 024-983-1925
URL http://www.petitmaman.jp/

トップに戻る


前の記事

後の記事


福島県内の子育てママはこんな記事も読んでいます。

ピックアップ幼稚園