逆上がり(鉄棒)をかんたんにマスターする方法とは?逆上がりのコツ!

逆上がり(鉄棒)をかんたんにマスターする方法とは?逆上がりのコツ!

ならいごと,子どもの運動 ,,,,

難しいからこそ成功したときの達成感は格別

小学校の体育では、どの学年でも必ずてつぼうの授業があります。これにはちゃんと理由があって、てつぼうで使う腕や足、お腹の筋肉は、他のスポーツや日常生活で体を動かすときにも基礎となってくるからです。そして多くの子どもにとって、てつぼうが好きか嫌いかの分かれ道となってくるのが「逆上がり」。基本的な技と思われがちですが、自分の体を持ち上げるために必要な腕力と腹筋だけでなく、踏み切りのタイミングや体を回転させる感覚など、様々な要素が求められる難しい種目です。そのぶん、根気強く練習して成功したときの達成感は格別です。

的確な補助が逆上がり上達のコツ

逆上がりができない子の大半は、体がてつぼうから離れてしまっています。学校では坂状の補助板で練習することもありますが、家庭で練習するときはお父さんやお母さんが補助役になって子どもの体を持ち上げてください。はじめは、力を借りながらでも回転する感覚を身につけることが重要。ある程度の位置まで体が持ち上がるようになったら、子どもの足が上がる高さに出した補助役の腕を踏み台にする練習をしてみてください。”ふくらはぎを補助役の腕に乗せ、上に向かって反動をつける“こうすることで勢いがついて回りやすくなりますよ。徐々に踏み台となる腕を高い位置に持っていき、てつぼうより高い位置まで足が上がるようになれば、成功はもう目前。まずは今度のお休みに親子で一緒に公園で練習してみましょう。

逆上がりをするときは、ひじを曲げて体を引き付け、てつぼうを上から握るようにすることがポイントです。

ボールを使った練習も効果的。「蹴ってみよう」と声をかけてあげることで、上に向かって踏み切るイメージがつかみやすくなります。

回ったあとにすぐに着地しようとすると落下の危険があります。「つばめさん」のポーズでてつぼうの上で体を支える習慣をつけよう。

インストラクターからのアドバイス

補助する際、てつぼうに体が押し付けられるのを痛がる子どももいますが、中途半端に体を支えるのをやめてしまうと、てつぼうから手を離して落下する危険があります。補助する側は最後までしっかり体を持ち上げてください。

セントラルフィットネスクラブ郡山店 古川先生
140620_8

トップに戻る


前の記事

後の記事


福島県内の子育てママはこんな記事も読んでいます。

ピックアップ幼稚園