倒立前転(マット運動)は教え方が大事!かんたんな方法で倒立前転をマスターしよう!

倒立前転(マット運動)は教え方が大事!かんたんな方法で倒立前転をマスターしよう!

ならいごと,子どもの運動 ,,,,

140620_7

成功体験をすることで苦手意識が解消する

子どもたちにとってマット運動や跳び箱などの器械体操は、体育の授業の中でも好き嫌いがはっきり分かれる種目だと言われています。思うように技ができなかったり、失敗して痛い思いや怖い思いをすることで、苦手意識が芽生えてしまいがち。でも、難しい技に成功したときの達成感や新しい技に挑戦したいという気持ちが、この種目ならではの楽しさを与えてくれます。また、全身の筋肉を使うことやバランス、柔軟性、とっさのときの反射神経を養うという意味でも、子どもたちの成長にとって大切な運動です。そんな器械運動の中でも、逆立ちから前転につなげる見た目にもカッコ良い「倒立前転」は、マット運動を好きにさせてくれる魅力的な大技です。

倒立の成功には信頼関係が重要

「倒立前転」の練習に入る前に、壁を使った倒立と正しい前転をマスターしておきたいところです。倒立は手を肩幅くらいに広げ、視線は両腕の間に、壁を蹴り上げ徐々に肩の角度がまっすぐになるように心がけてください。前転は、視線をおへそに持っていくことで自然に回ることができますよ。また、倒立は補助者の介入なしには覚えられません。しっかり太ももの辺りを支えたら、上に吊るように力を貸してください。そして、最も重要なのがお互いの信頼関係。恐怖心が勝ると勢いがつかず体が持ち上がりません。逆に反動がつきすぎて補助役がひるむと、倒れしまう危険があります。布団を敷けば家庭の壁でも簡単に練習することができるので、親子の絆を深めながら繰り返し練習してみました。

壁を蹴り上げながら倒立の練習。壁との距離を少しずつ近づけて、きれいな倒立の感覚をつかんでみよう。
補助役がついて逆立ちをサポート。太ももの辺りを支えてあげて一本の棒をイメージしたら、数秒間その姿勢を保ってみよう。
視線をおへそに向けることで背中が曲がり、スムーズに前転の動きに移れます。このとき一緒にひじを曲げるのがポイント。

インストラクターからのアドバイス

倒立の練習をするとき、お子さんが足を振り上げる勢いに補助をする側が引いてしまうことがありがちです。できれば、力があるお父さんが補助役になってあげることで安心感を与え、親子のコミュニケーションを楽しみながら練習してみてください。

セントラルフィットネスクラブ郡山店 矢吹先生

トップに戻る


前の記事

後の記事


福島県内の子育てママはこんな記事も読んでいます。

ピックアップ幼稚園