子どもに水泳を教えるためには、海や川・プールでたくさん遊ばせることです。

子どもに水泳を教えるためには、海や川・プールでたくさん遊ばせることです。

ならいごと,子どもの運動 ,,,,,,

水遊びを通して水の感覚を体で覚える

もともと子供たちは水に対して強い好奇心をもっています。とはいえ、学校の授業だけで急に泳げるようになるわけではありません。また、小さい頃に水への恐怖心をもってしまうと、それを克服することは簡単なことではありません。子供たちには、なるべく水に触れる機会を増やしてあげてください。まずは海や川、プールに出かけて子供と一緒に水遊びを楽しんでみて。水中でのかけっこや水のかけあいなどを通して、体に伝わる水の抵抗を覚えることができますよ。実際に泳ぐ段階でも水の抵抗というのをイメージしながら泳ぐことは大事なこととなってきます。

水中では鼻から息を吐くことが大切

次に水泳の呼吸法について考えてみましょう。口で吸って鼻で吐く、これが基本の動作となります。水泳が苦手な子は、どうしても潜ったときに息を止めて力みがち。余計な力が入って体が沈み、うまく前に進めなくなるだけでなく、水上に顔を上げたときに大きく息を吐いてしまうので、次の息を吸う動作にスムーズにつなげなくなってしまいます。最初は鼻からストローでそっと息を吐くような気持ちでリラックスすることを心がけてください。また、水の中でジャンプをしてみるのもいいですね。水中でしっかり息を吐かないと、勢いがついているので鼻から水が入ります。クロールの息継ぎなど、より応用的な泳ぎにも関わってきますので、お家のお風呂でも潜って息を吐く練習をしてみてくださいね。

1.ひざをかかえてだるま浮き。水の中でのバランスをとる練習です。顔は水につけ、背中を水面に出します。

2.顔を水につけてから壁をけって進んでみよう。手足をピンと伸ばすことがまっすぐ進むコツ。

3.壁にひじをかけてバタ足の練習。足をハの字にすることとひざが曲がらないようにすることを心がけて。

インストラクターからのアドバイス

泳ぐことの楽しさを覚えると子供たちは一気に上達します。「明日は○○メートル泳いでみよう!」と目標を立ててあげて子供たちのやる気を引き出してください。

セントラルフィットネスクラブ郡山店 みき先生

140620_2

トップに戻る


前の記事

後の記事


福島県内の子育てママはこんな記事も読んでいます。

ピックアップ幼稚園