福島文化瀬上幼稚園の園長先生にインタビュー!福島市の幼稚園の口コミ評判

福島文化瀬上幼稚園の園長先生にインタビュー!福島市の幼稚園の口コミ評判

園長先生インタビュー 

広い園庭から子どもたちの元気な声が聞こえてくる「福島文化瀬上幼稚園」。安全な環境のもと、自由にのびのびと遊んでいます。子どもたちの感性や自主性を重んじながら、遊びに全力投球できる安全な場所と体制がしっかりと整っていることに感動します。先生たちは、いつでもやさしく見守りながら、健やかな成長をサポート。幼稚園での経験は一生の宝物になると信じて、子どもたちを支えています。また、地域の皆さんや幼稚園内での異年齢交流、さまざまな行事によって、人と人とのつながりを学んでいます。大きな声で挨拶ができる子どもたちの元気な姿から、キラキラした幼稚園生活が伝わってきます。

161007_11

interview_0

interview_1

遊び=学びを大切に、自主性と個性を尊重!

園長 福島文化瀬上幼稚園では、「力いっぱい遊べる子ども」を教育目標にしています。
幼井 どんな教育をされていますか?
園長 自主的に、自発的に行動できる子どもに育ってほしいと願っています。子どもは“遊び”が“学び”なので、いろいろな経験をすることで心身が育まれていくように私たちはしっかりと見守り、サポートしています。私をはじめ保育者が、自主的に率先して動くことが大切だと思っています。
幼井 どのようなことをされていますか?
園長 子どもたちと一緒に楽しめることを常に考えて行動しています。また、異年齢との交流もその一つで、小さな組のときにお兄さん、お姉さんにしてもらうことから憧れの気持ちが芽生えていきます。いつかは自分もと自然に思えるようになり、5歳児になると、今度は自ら小さな組の子どもたちに同じように優しくお世話ができるようになります。自主性と思いやりが芽生えていくことが本当にうれしいです。
幼井 自然と身につく環境をつくられている園の姿勢が素晴らしいです。

161007_12

interview_5

子どもたちが興味を持ち、得意な部分を伸ばしていきたい

園長 子どもたちと行動するときに、私たちが楽しみながら一生懸命であれば、その思いは子どもたちに伝わると信じています。遊んだり、ものをつくったりするときには、「やりましょう」ではなく、その子が自ら興味を持つことを大事にしています。それぞれに得意なことがあり、スピードも違うので、苦手なことを無理やりさせるのではなく、得意なところを見つけて育ててあげたいと思っています。
幼井 保護者としてはありがたいことです。
園長 たとえば、3歳のときにダンスが出来なくて泣いていた子どもが、5歳の時には上手に楽しく踊れるようになったりするのです。子どもたちそれぞれの成長の過程があり、その時間を見守って育んでいければと願っています。
幼井 園長先生のやさしい思いが伝わってきます。
園長 親という立場では、どうしてもできないことに目が行きがちですが、良いところを伸ばしてあげることが私たちの役目だと思っています。出来ないことで泣いてくやしがったりするのも集団生活の中での“気づき”なので、その姿には成長が見えます。担任の先生は母親のように、たくさん話を聞いてあげるよう伝えています。私は、幼稚園全体で安心安全に1日が過ごせるように配慮し、子どもの成長を楽しく見守っていきたいと思います。
幼井 安心してお任せできると確信しました!

161007_13

interview_2

集中力でやり遂げる姿勢や、子どもたち同士の思いやりに感動!

園長 子どもたちは同じ遊びを通して楽しんだりするだけでなく、時には少々のトラブルが発生することもあります。しかし、すぐに自分たちで解決し、お互いを尊重しながら仲良く遊んでいる姿を見ると、成長を感じてうれしくなります。大人になったなと思います。
幼井 幼稚園生活も小さな社会ですから、人と人との関わりが大事ですね。
園長 はい。小さな組の子どもたちも、最年長の5歳児の組を間近に見ているので、人とのつながりや思いやりの気持ちが自然と育まれているようです。また、一人ひとりに個性があるので、おもちゃで遊んだり、絵を描いたり、工作したり、鉄棒したりする中で、できることや苦手なことが出てきます。そんな時に集中力を持ち続けて取り組んでいけるような自由な環境を整えていきたいと思っています。
幼井 保護者の方もうれしいと思います。一番変わったと感じたのはどんなことですか?
園長 入園時にはまだ人と関わることが難しかった子どもたちも、5歳児になり、卒園を迎える頃には人間として大きく成長し、小さな子どもたちや家族、先生たちに思いやりの気持ちを持てるようになることです。やさしく接する姿に大きな成長と喜びを感じています。
幼井 子どもたちが毎日健やかに成長していて素晴らしいです。

161007_14

interview_3

先生たちの思いが詰まった「キッズフェス」で盛り上がろう!

園長 クリスマス会やお誕生会など、年間を通してさまざまな季節行事がありますが、瀬上幼稚園では、年に3回行う「キッズフェス」が子どもたちに大好評です。先生たち自身が楽しければ、きっと子どもたちにその思いが伝わると信じて、いろいろと企画しています。
幼井 今までどんなことをされたのですか?
園長 1升炊きの釜で炊いたご飯で、みんなでおにぎりを作ったり、小さなプールにスライムを入れて遊んでみたり、毎回思い切り遊んで盛り上がります。毎年少しでも違うことをしようと話し合っています。
幼井 プールにスライム!?楽しそう!ユニークな発想が子どもたちの情操教育にもいいですね。
園長 大人が心配するよりも、子どもたちはずっとたくましく前を見て生きています。震災後、園庭の掃除をするために重機が入ったときも、私たちは子どもたちが不安になるのではと心配していましたが、それは大間違い(笑)。子どもたちのほうが、楽しいことを見つけるのが上手で、「どんな重機?」と興味津々。子どもたちの持っているパワーに先生たちが救われることも多々あります。私たちは、そんな子どもたちのために安全にのびのび遊べる環境を整えて、長い目で見守っていきたいと思います。
幼井 保護者の方も、子どもたちが心底楽しんでいる笑顔を見られることが一番幸せで、成長を感じていると思います。

161007_15

福島文化学園の基本情報

保育料/居住する市町村が定める所得に応じた金額
施設充実費/40,000円
冬制服代/14,000円程度
保育用品代/5,000円程度
夏制服代/5,000円程度

園名 認定こども園 今、ここ。瀬上 福島文化瀬上幼稚園 瀬上ぶんぶん園
設立 昭和41年
定員 1号認定80名、2号認定15名、3号認定20名
職員 22名
電話 024-553-3422
住所 福島市瀬上町字桜町1-7-3
URL 福島文化瀬上幼稚園
進学 福島市内公立小学校他
送迎 瀬上・宮代・余目・沖高、鎌田・丸子・本内・南矢野目、向瀬上・保原・伊達・桑折
制服
給食 給食代 1号認定330円/1食(全日給食選択可)、2号認定1,500円/月
保育料 保育料/居住する市町村が定める所得に応じた金額
施設充実費/40,000円
冬制服代/14,000円程度
保育用品代/5,000円程度
夏制服代/5,000円程度
延長保育 7:30~19:00
※1号認定の方の臨時延長保育は18:00まで
その他 スクールバス代 往復5,700円/月、片道3,000円/月(2歳児~5歳児)
※きょうだい同時在園の場合は弟妹のバス代無料
絵本代 420円~430円/月
教材費 600円/月
PTA会費 600円/月
         修了積立金 2,000円/月(4・5歳児)                牛乳代 44円/月(1~3歳児)、65円/月(4・5歳児)

※平成28年度の料金です。年度により変更となる場合があります。

課外教室 英語教室(カワイ)、プレイルーム(学研)、体育教室(キッズワン)
※降園後の園舎で希望園児のみ実施

トップに戻る


前の記事

後の記事


福島県内の子育てママはこんな記事も読んでいます。

ピックアップ幼稚園