太田メディカルクリニック院長に聞く!インフォームドコンセントとは?

太田メディカルクリニック院長に聞く!インフォームドコンセントとは?

医療コラム ,,

医療現場で使用されている、分かりづらい医療用語のお話をさせていただきます。まずは「インフォームドコンセント」についてです。「インフォームドコンセント」とは、患者さんが医師から治療法などを「十分に知らされたうえで同意」すること、と定義されています。欧米では「インフォームドコンセント」の内容は、病気の説明と各種の治療法、治る確率や治療の問題点、危険性などに及び、なにも治療をしない場合や他の病院での治療法とも比較して、患者さんに理解できる平易なことばで説明することになっています。

つまり、患者さんは自分の病気がどういう病気で、このまま放っておくとどうなるか、そして治療法にはどんな方法があって、薬の作用・副作用等の説明を十分に受けた上で同意するという事です。

我々医師は病気を正しく診断し、その上で最も適した治療法を提案する訳ですが、その方法は多くの研究やデータに裏付けらていなければなりません。

昔の医師は「私の経験では」とか「今までこれでうまく行っているから」とか「俺はこの治療が好きだから」といった理由で治療をしていた時代がありました。今は各学会から「ガイドライン」という統一された世界基準が示されており、これに則って治療することで、どこに住んでいようと最善・最新の治療をうけることができるのです。

ですから、みなさんはなぜこの検査をするのか、なぜこの薬を飲まなければならないのかを遠慮なく担当医に聞いて、お互いが納得した上で治療法を選択すべきでしょう。病気は医師だけが治すものではなく、医師と患者さんが相談し、協力しあってはじめて良い結果がでるのですから。

140624_5

トップに戻る


前の記事

後の記事


福島県内の子育てママはこんな記事も読んでいます。

ピックアップ幼稚園