新型のノロウイルスを予防するためには?手洗いうがいはしっかりと。

新型のノロウイルスを予防するためには?手洗いうがいはしっかりと。

医療コラム ,

 ノロウイルスという言葉をニュースや新聞で見聞きする季節になりました。ノロウイルスは、突然の嘔吐(おうと)や下痢、発熱などを伴ってしまう感染症です。一般的な胃腸炎と比べるとその症状も劇的です。潜伏期間は2日前後と短く、発病すると激しい嘔吐や下痢を1日に10回以上繰り返すこともあります。1~2日で自然に治ることが多いですが、現時点では予防のワクチンや有効な治療薬はありません。ノロウイルスは通年で感染するものであると言われておりますが、やはり流行しやすい時期は秋から冬にかけて乾燥する時期であると考えられます。
 毎年のようにこの時期に流行してしまっているノロウイルスですが、今冬は少々様子が異なりそうです。先日ニュースにもなっておりましたが、新型のノロウイルスが出てきてしまいました。今までのノロウイルスが変異をとげて遺伝子が異なります。つまり私たちが免疫をもっていない型になっているので、感染の拡大が予想されています。
 新型ウイルスでも対策は今までと変わらず予防が大切です。食事の前やトイレの後には、せっけんを十分に泡立てて手を洗いましょう。せっけん自体はウイルスを死滅させることはできませんが、手や指に付いた油や汚れなどとともに、ウイルスを洗い落としやすくする効果が期待できます。また調理の際には、ウイルスが検出されやすい生牡蠣や貝類を十分に加熱して下さい。嘔吐物や便を処理する時には、使い捨ての手袋やマスク、ガウンを着用して、塩素系漂白剤で消毒しましょう。
 仮に発病した場合には、嘔吐(おうと)や下痢による脱水症状を起こす恐れがあります。体力を消耗しないように小まめに水分補給をしましょう。腹痛や下痢などの症状が治まっても、1週間程度は便にウイルスが潜んでいることもあり、排便後の手洗いを徹底して下さい。


150901_1

お話をうかがった先生

医療法人 健生会 おおがクリニック
膠原病内科 間 桃子 先生

施設名 医療法人 健生会 おおがクリニック
所在地 郡山市片平町字出磬東5-5
URL http://www.ohga-child-clinic.jp/

トップに戻る


前の記事

後の記事


福島県内の子育てママはこんな記事も読んでいます。

ピックアップ幼稚園