『子どものおねしょが小学生になっても治りません…』夜尿症とは?

『子どものおねしょが小学生になっても治りません…』夜尿症とは?

医療コラム ,,

 夜尿症とは「5歳を過ぎても週2回以上おねしょをしてしまうことが3ヶ月以上続く」ことを言います。5〜6歳で約15%、10歳で5~10%に見られ、成人したあとでも完全に夜尿症がなくならない方が0.5%いると言われています。その原因にはさまざまなものがあり、親のしつけや子どもの性格の問題ではありません。夜尿症にはいくつかの原因があり、それらが重なって発生します。

【考えられる主な原因】

・覚醒障害(睡眠中に膀胱がいっぱいでも目を覚まさない)
・膀胱容量が小さい(膀胱の働きが未熟)
・夜間の尿量が多い(体内の水分量を調整する抗利尿ホルモンの夜間分泌不足)
・ストレス(これまでなかったおねしょが突然に始まった場合)
・膀胱や腎臓の異常(昼間も尿漏れがある場合など)

 夜尿症は成長と共に治っていく例がほとんどですが、子どもが自信を無くしてしまい、心理面や社会面、生活面に悪い影響を及ぼすことがあります。おねしょをしてしまっても絶対に怒ってはいけません。本人の気持ちが萎縮してしまい、かえっておねしょをひどくさせることになるからです。夜尿症の治療方法としては主に次の3つが挙げられます。

【夜尿症の治療方法】

・生活指導(食事内容や飲水量のコントロール、排尿習慣の指導など)
・薬物療法(夜間の尿を濃くして尿量を少なくする作用のある抗利尿ホルモン薬や、膀胱に尿を多くためられるようにする抗コリン薬の使用)
・行動療法(おしっこを我慢する膀胱訓練や、おねしょを感知して警報を鳴らす装置を使ったアラーム療法など)

 最近では夜尿症の治療法も確立され、選択の幅も広がってきています。小学生になっても夜尿症が治らない場合は、親子で悩む前にかかりつけの小児科あるいは泌尿器科を受診することをお勧めします。泌尿器科では、排尿についての検査を行い、排尿状態に問題が無いかを調べて夜尿症の適切な治療法を提示いたします。


150730_20

お話をうかがった先生

援腎会すずきクリニック 泌尿器科 本田周子 先生

施設名 援腎会すずきクリニック
住所 郡山市富久山町久保田字伊賀河原12
URL http://www.enjinkai.com/

トップに戻る


前の記事

後の記事


福島県内の子育てママはこんな記事も読んでいます。

ピックアップ幼稚園