発熱や関節痛・筋肉痛は膠原病(こうげんびょう)の可能性もある?

発熱や関節痛・筋肉痛は膠原病(こうげんびょう)の可能性もある?

医療コラム ,,

 膠原病(こうげんびょう)は聞き慣れない病名ですね。膠原病は、関節リウマチを含めたいくつかの病気の総称です。代表的な膠原病には「関節リウマチ」「全身性エリテマトーデス」「強皮症」「皮膚筋炎」などがあります。
 膠原病とは、本来ウイルスや細菌をやっつけるために働く免疫のシステムに異常がおこり、自分自身の体を攻撃してしまう病気です。原因は不明と言われています。膠原病に共通しているのは、細胞と細胞を結ぶ「結合組織」に病変が起こることです。結合組織には膠原繊維が多く含まれているため、「膠原病」と呼ばれるようになりました。病気によって特徴的な症状は異なりますが、共通しているのは、女性に多くみられる、免疫の異常がある、症状が慢性的に持続する、多くの臓器に障害が起こるなどです。

 膠原病は一般的によく知られている病気ではなく、その初期症状もまちまちで、風邪やその他の病気と間違いやすいのが特徴ですが、そのような中でも比較的共通した初期症状があります。初期症状は、あまり神経質になりすぎることはありませんが、長引く場合は膠原病も可能性のひとつと考えてみるべきでしょう。早期の診断、早期の治療開始を始めるためにも、その疑いが少しでもあるならできるだけ専門医のいる医療機関で診察を受けられることをお勧めします。

膠原病に共通した特徴
女性に発症することが多い/家族性がある/免疫の異常がある/症状が慢性的に持続する/複数の膠原病を併発することがある/多くの臓器を障害してさまざまな症状があらわれる/ステロイドや免疫抑制剤が効く
膠原病の初期症状
発熱(風邪とは違う微熱が長く続く)/関節痛、筋肉痛(関節のあちこちが痛む・場所が移動する)/朝のこわばり/皮疹(発疹や赤い紅斑が体のいろいろな部分にあらわれる)/レイノー現象(指先が白くなりその後紫色や赤色になる)
150901_1

お話をうかがった先生

医療法人 健生会 おおがクリニック
膠原病内科 間 桃子 先生

施設名 医療法人 健生会 おおがクリニック
所在地 郡山市片平町字出磬東5-5
URL http://www.ohga-child-clinic.jp/

トップに戻る


前の記事

後の記事


福島県内の子育てママはこんな記事も読んでいます。

ピックアップ幼稚園