妊娠する前にタバコを禁煙したいのですが、よい方法はありますか?

妊娠する前にタバコを禁煙したいのですが、よい方法はありますか?

医療コラム 

 女性の喫煙に健康上のメリットが何もないことは、今さら言うまでもありません。これから妊娠・出産・育児を控えていらっしゃるのであればなおさらです。妊娠中に喫煙をしていると、母体には流・早産をはじめ、常位胎盤早期剥離や前置胎盤といった胎盤異常などの割合が増加します。臍帯異常などを起こすと子宮内の環境が悪くなり、結果的に赤ちゃんの発育にも悪い影響がでます。その他にも口唇・口蓋裂、先天性心疾患、手足の欠損、腹壁破裂などの奇形率が高くなります。産後には乳児突然死症候群や喘息が増えることも有名です。

 これらの知識があれば、妊娠する前に習慣化してしまった喫煙をやめるのも決して不可能ではないと思うのですが、なかなか実行するのは困難です。その際には女性のための禁煙外来を受診して、詳細な問診後、必要に応じて禁煙補助薬を処方してもらうというなどの方法もあります。現在では禁煙のためのニコチンガムやニコチンパッチが市販薬としても簡単に入手できますから、禁煙法が多岐に渡っています。

 しかしながら、禁煙の実行に最も大切なのは「何で止めるのか」という動機付け、「いつやめるのか」という具体的な目標、「絶対に止める」という強い思いが不可欠です。意志が弱くてどうしていいのかわからないという場合は、保険適応での診療が受けられますので、是非医療の力を借りてみられては如何でしょうか?

※程度の差はありますが、同居している家族や職場、公共の場所での受動喫煙による弊害も深刻ですから、社会全体で女性の体を守ってあげたいですね!

して、詳細な問診後、必要に応じて禁煙補助薬を処方してもらうという方法もあります。現在では禁煙のためのニコチンガムやニコチンパッチが市販薬としても簡単に入手できるなど、禁煙法が多岐に渡っています。
 しかしながら、禁煙の実行に最も大切なのは「何で止めるのか」という動機付け、「いつやめるのか」という具体的な目標、「絶対に止める」という強い思いが不可欠です。意志が弱くてどうしていいのかわからないという場合は、保険適応での診療が受けられますので、是非医療の力を借りてみられては如何でしょうか?
※程度の差はありますが、同居している家族や職場、公共の場所での受動喫煙による弊害も深刻ですから、社会全体で女性の体を守ってあげたいですね!

施設名 桜井産婦人科医院
先生 桜井 秀(さくらい しげる)先生
URL http://www.sakurai-cl.net/

トップに戻る


前の記事

後の記事


福島県内の子育てママはこんな記事も読んでいます。

ピックアップ幼稚園