医療コラム


150901_1

結婚・妊娠・出産を迎える方へ…免疫の病気『膠原病』ってどんな病気?

 この連載も今回が最後となりました。関節リウマチや全身性エリテマトーデスに代表される膠原病(こうげんびょう)は免疫の病気で女性に多くみられます。ひと昔前はあまり知られていなかった病気でしたが、arukuの読者の方は女性が多いので反響も多くあり驚いています。このように記事を読んで頂いて一般的に認知され…

,,,


150901_1

尿漏れで困っていませんか?尿漏れの主な種類と改善方法

 おしっこの話しは悩んでいてもなかなか人には言えないものです。尿漏れの悩みはその最たるもので、特に比較的年齢が若い方だと相談できずに一人で抱え込んでいるケースが多いです。 尿漏れは主に3つに分類できます。 尿漏れの主な種類 ①腹圧性尿失禁 ②切迫性尿失禁 ③混合性尿失禁 ①腹圧性尿失禁とはその字の通…

,,


150901_1

ドライアイ・ドライマウス診断チェック!目や口が乾きやすいのは…

最近涙が出なくてコンタクトが乾くという方や、口がパサパサして気になるという方は次の項目をチェックしてみて下さい。眼の乾燥(ドライアイ)や口の乾燥(ドライマウス)を主な症状とする『シェーグレン症候群』という病気が隠れているかもしれません。   1. 目の乾燥(ドライアイ)チェック ・涙が出ない ・目が…

,,


150901_1

更年期障害って?女性ホルモンが減ることで出る症状と原因は?

 女性のからだの変化に大きく関わっているのが女性ホルモン(エストロゲン)です。女性ホルモンは生殖機能だけではなく、骨やコレステロール、皮膚のハリなど女性のからだを健やかに保つ上で大きな役割を果たしています。 女性ホルモンの働き ・乳房を発育・維持させる ・生殖機能を発育・維持させる ・血中コレステロ…

,,


150730_20

性感染症(性病)に感染したときの症状と予防策を知っていますか?

 性感染症とは「性行為によって感染する病気」のことで、一般的には「性病」と言われることが多いです。すでに感染している人との性行為により感染します。咽頭(のど)に菌がある場合は口での行為でも感染します。性感染症の病原菌は単独で生きのびることができません。あくまで接触感染するものなので、自然発生すること…

,,


150901_1

新型のノロウイルスを予防するためには?手洗いうがいはしっかりと。

 ノロウイルスという言葉をニュースや新聞で見聞きする季節になりました。ノロウイルスは、突然の嘔吐(おうと)や下痢、発熱などを伴ってしまう感染症です。一般的な胃腸炎と比べるとその症状も劇的です。潜伏期間は2日前後と短く、発病すると激しい嘔吐や下痢を1日に10回以上繰り返すこともあります。1~2日で自然…

,


150730_20

『子どものおねしょが小学生になっても治りません…』夜尿症とは?

 夜尿症とは「5歳を過ぎても週2回以上おねしょをしてしまうことが3ヶ月以上続く」ことを言います。5〜6歳で約15%、10歳で5~10%に見られ、成人したあとでも完全に夜尿症がなくならない方が0.5%いると言われています。その原因にはさまざまなものがあり、親のしつけや子どもの性格の問題ではありません。…

,,


150901_1

関節に腫れや痛みが…関節リウマチとは?炎症で骨や軟骨が壊される?

膠原病の中でも関節リウマチとはどういう病気ですか?  関節リウマチは、関節に炎症を起こす病気です。現在日本には約60~70万人の患者さんがいるといわれています。女性は男性の3~4倍多く、20~40代に多く発症するのも特徴です。ちょうどarukuの読者さん世代に起こりやすい病気です。発病すると関節の腫…

,,


150730_20

おしっこに血が混じる?激しい運動後や発熱・過労などが原因の場合も…

健康診断で“尿潜血陽性”と言われました。 尿潜血陽性…聞きなれない言葉ですね。どんな症状なのか、泌尿器科の先生がお答えします。 「尿潜血陽性」とは、おしっこの中に赤血球が混じった状態を言います。目で見ておしっこに血が混じる状態は専門用語で「肉眼的血尿」と言います。いづれにしても、おしっこの通り道に何…

,


150901_1

発熱や関節痛・筋肉痛は膠原病(こうげんびょう)の可能性もある?

 膠原病(こうげんびょう)は聞き慣れない病名ですね。膠原病は、関節リウマチを含めたいくつかの病気の総称です。代表的な膠原病には「関節リウマチ」「全身性エリテマトーデス」「強皮症」「皮膚筋炎」などがあります。  膠原病とは、本来ウイルスや細菌をやっつけるために働く免疫のシステムに異常がおこり、自分自身…

,,


150730_20

膀胱炎にならないための予防は?成人女性がかかりやすい病気のひとつ膀胱炎

成人女性がかかりやすい病気のひとつ、膀胱炎。どんな症状なのか、かからないためにはどうすればいいのか、泌尿器科の先生がお答えします。 オシッコをするときに痛む 下腹がむずむずして、オシッコをしてもすっきりしない オシッコに血が混じっている これらはまさに膀胱炎の症状です。女性の尿道は短く、また膣や肛門…

,


150404_3

福島の子どもたちが、日本一元気になるための成育環境を整える!

 この連載も今回で最後になります。今回は私が日頃願っていることについて書いてみたいと思います。  東日本大震災以降、さまざまな子どもの健康問題が取り沙汰されました。かつて日本で、これほどまでに子どもの 健康が社会問題になったことはなかったと思います。甲状腺や肥満、体力運動能力の低下など、未だにこれら…

,


thumbnail

妊娠する前にタバコを禁煙したいのですが、よい方法はありますか?

 女性の喫煙に健康上のメリットが何もないことは、今さら言うまでもありません。これから妊娠・出産・育児を控えていらっしゃるのであればなおさらです。妊娠中に喫煙をしていると、母体には流・早産をはじめ、常位胎盤早期剥離や前置胎盤といった胎盤異常などの割合が増加します。臍帯異常などを起こすと子宮内の環境が悪…


150404_3

新学年を迎えるお子さんのために準備したい3つのことは?

 今月から子どもたちにとっては新しい学年がスタートします。進学したお子さん、進級したお子さん、どちらにとっても期待と不安が入り交じった4月ですね。新しい学年になるにあたり、次の3つを確認して頂きたいと思います。 医療法人仁寿会 菊池医院 菊池 信太郎 先生 ①予防接種  予防接種は種類によって、接種…

,


140624_6

おおのこどもクリニックに聞く!インフルエンザの予防策

この冬もインフルエンザが猛威を振るっていますよね。お子さんだけでなく、辛い思いをされている大人の方も多いと思います。今回は「インフルエンザ」について、おおのこどもクリニックの大野先生に伺います。 今年は特に大流行しているインフルエンザ。郡山をはじめ、県内8つのうち6つの保健所から警報が出ています。お…

,,


140624_5

太田メディカルクリニック院長に聞く!インフォームドコンセントとは?

医療現場で使用されている、分かりづらい医療用語のお話をさせていただきます。まずは「インフォームドコンセント」についてです。「インフォームドコンセント」とは、患者さんが医師から治療法などを「十分に知らされたうえで同意」すること、と定義されています。欧米では「インフォームドコンセント」の内容は、病気の説…

,,


140624_4

受けておきたいワクチンは?太田西ノ内病院にワクチンの質問!

この冬のインフルエンザの流行期は? A.早めにワクチン接種を。流行のピークは天候に左右されます。冷え込みが厳しくなると、インフルエンザウイルスの活動が活性化します。お子さんの場合、重症化するとけいれんや腸炎を引き起こすことがあります。予防のため、ぜひワクチン接種を受けてください。 ワクチンについては…

,,,,


140624_3

おおのこどもクリニック小児科が教える感染症胃腸炎の予防策

冬に流行しやすい「感染性胃腸炎」とは? 今回は、おおのこどもクリニックの大野広樹先生に、冬に流行しやすい感染性胃腸炎〜ノロウイルスとロタウイルス〜についてお話をうかがいました。毎年この季節には感染性胃腸炎の流行が始まります。その原因の大半を占めるのが、ノロウイルスやロタウイルスです。どちらも一年を通…

,,,,


140624_2

太田西ノ内病院の小児科に、お子さまの健康をインタビュー!

家族が明るく元気にクラスために欠かせないカラダとココロの健康。気になる病気やその予防法、治療法など、みなさんからの質問に太田西ノ内病院の先生が答えます。今回は子どもの病気について。 小児科の役割は治療、お子さんの健康をまもること。 冷え込みが一段と厳しくなるこの時期、気になるのがお子さんの健康。今回…

,,


pediatrics_2

子どもの具合や調子が悪いときは【さ・し・す】の法則!

郡山でもインフルエンザが流行ってきました。胃腸炎で吐いたりして具合が悪いお子さんもちらほら見かけます。お子さんはいろいろな病気にかかりますが、どんな病気でも(仮にどんな病気か分からなかったとしても)大切なことは重傷かどうかの判断をお母さん方につけていただくことです。 本日は、病気そのものの話ではなく…

,,,,


pediatrics_1

誤飲・異物の誤嚥・溺水など小児の事故原因と特徴

小児の事故で多いのは誤飲・異物の誤嚥・溺水 病院を受診する小児の事故原因の特徴は、全年齢を通して不慮の事故が多いことです。そして、保護者側がわずかな時間、目を話した間に起こっているのも特徴の一つです。 さて、事故を防ぐには予防が一番大切です。そして、予防するためにはいつ頃どんな事故が起きやすいかを知…

,,,,,,,,,


トップに戻る

ピックアップ幼稚園