郡山にあるヒューマンダンススタジオは自分を表現して人とつながる!

郡山にあるヒューマンダンススタジオは自分を表現して人とつながる!

ならいごと ,,

 

170303_1
170303_2

どんなことが学べますか?

ヒップホップ、ジャズ、K-POPなど多彩なジャンルをレクチャー
ヒューマンダンススタジオは、3才からシニアまで幅広い年齢層が通うダンススタジオです。ヒップホップ、ジャズダンス、J-POP、K-POP、ヨガや骨盤リフレッシュ体操といったリラクゼーションまでジャンルも多彩。さらに各ジャンルは年齢別のコースが設定されているので、自分のレベルや年齢に合った内容を体得していくことができます。未就学児や小学生など子ども向けのレッスンは主に土曜に集中。土曜日は専用駐車場があるので、送迎のしやすさもパパ・ママに嬉しいポイントです。アットホームな雰囲気のヒューマンダンススタジオ。ちびっこ達が集まり、さあ、レッスンが始まります。鏡の前で自分の踊りを見ることで、子ども達は自己を客観視できるようになる。また、「表現」することの楽しさを覚え、消極的だった子どもも明るく前向きになっていくといいます。

170303_3
170303_4

消極的な子は積極的に変わっていく
「うちの子は消極的」「YES・NOをはっきり言えない」「口ベタであきらめ癖がある」…。そんな子どもたちが、ヒューマンダンススタジオで「明るくなった」「人と積極的に関わるようになった」「粘り強くなった」と大きな変化を見せています。といっても、先生やインストラクターが強制的に何かを教えているわけではありません。半年、1年、2年とダンスを続けることで、カラダを使って自分自身を表現する方法をみつけだした結果です。保護者に“やらされている感”はゼロ。通いたくて通い、踊りたくて踊る子ばかりです。練習バッグを片手に颯爽とスタジオに着いたら、更衣室で手早く着替えて、自分の立ち位置にスタンバイ、先生を待つ何気ない姿勢から自主性が伺えます。

2世代で通う親子も少なくないアットホームな場所

ヒューマンダンススタジオの名前には、人と人がダンスでつながるという意味が込められています。これは、インストラクターの大越さんの経験が凝縮した言葉といっても良いでしょう。東京都内でダンスサークルの活動後、郡山に活動拠点を変え、その約2年後にスタジオを設立。当時通っていた教え子がヒューマンダンススタジオのインストラクターとして育ったり、子どもを出産した後もダンスをやりたいと再開するママがいたり、ヨチヨチ歩きの赤ちゃんにもダンスを習わせたいと2世代で通ったり…。ダンスを通した人との出会いやつながり、その好循環がヒューマンダンススタジオに生まれたそうです。親子でレッスンする子もいます。お母さんと一緒だから安心ですね。一人ひとりに声をかけて子どもたちとコミュニケーションをとる大越先生。子どもから慕われて、自然と先生のもとに集まってきます。

170303_5
170303_6

レッスンは真剣に、それ以外はリラックス

子どものころからの習い事を、高校・大学受験や進学を機に辞める子は少なくありません。このような状況のなか、ヒューマンダンススタジオに通う子どもたちは続ける子がほとんどだとか。「一度辞めたとしても、つながりを持ち続けることが多いですね。ニューヨークへのダンス留学を経て、都内で活動を続ける元生徒がいますが、その子は地元・郡山に戻るたびにこのヒューマンダンススタジオに顔を出してくれます」と大越先生。レッスン中は鏡の中の自分と真剣勝負でも、レッスン以外はとてもアットホーム。そんなメリハリの効いた雰囲気が、足を運びたくなる理由なのかもしれません。

鏡の中の自分を客観視すること
ダンススタジオをイメージしたときに壁面いっぱいの大きな鏡が浮かぶ人、多いですよね?この鏡は、振り付けやフォーメーションの確認用かと思っていた私、幼井は少々浅はかだったのかもしれません。先生いわく「鏡にうつる自分の踊りを客観的に見るもの」とのこと。その瞬間ごとの自分の見栄えを確認しながらベストな状態を模索したり、かっこよく踊る仲間を真似して自身のスタイルに吸収することもできるのです。うまく踊れない自分がいても、否が応でも目に入る環境はちょっぴり厳しい。それでも目を背けず、日々レッスンに励むことで上達していくのですね。小さい子どもたちも、お兄さん、お姉さんの踊りを見て学ぶ。年上の子ども達は見られていることを意識しながら「表現」に磨きをかけます。レッスン休憩中にバチっとポーズ♪ K-POPやAKBなどの影響でダンスは女の子に大人気

170303_7
170303_8

練習生からダンサーへと変わる一線
「ダンスは人に魅せるもの」と話す大越先生。そう、魅せる機会といえばステージです。ヒューマンダンススタジオでは、年に1度“秋の発表会”を開催しています。郡山市民文化センターやHIPSHOT JAPANなどで、子どもたちは日ごろの練習の成果を発揮します。ダンスの練習だけでなく、衣装の準備、招待客の手配など会の直前は大忙し。それでも、衣装を着て、ステージに立ち、ライトを浴びる経験は何より大事。とてつもない緊張と、多くの視線に包まれる経験を積むことが、練習生からオーディエンスに魅せるためのダンサーに変わる一線なのだそう。場数を踏んだだけ、魅せるダンサーへと一歩ずつ近づいていくのでしょうね!

HUMAN DANCE STUDIOのここがスゴイ!

講師の先生から

ダンスを通して人がつながり、やがてそれが和になる。HUMAN DANCE STUDIOはダンスを通じて、ダンスのスキルアップはもちろん、人間的にも成長することができるスタジオです。わたしはジャズダンスとジャズヒップホップが専門ですが、インストラクターによって同じジャンルを踊っても違って見えるなど、人の数だけ様々なスタイルがあります。ぜひ気軽にお問合せの上、レッスンの見学にいらしてください!

幼井園子の感想

ロッカーにきちんと整列したスニーカー、ピカピカに磨き上げられた鏡と床…。清潔感のあるスタジオだなというのが第一印象。これだけみても、HUMAN DANCE STUDIOをここに通うみんなが大切に思っていることが見て取れました。さらに、先生もインストラクターも生徒さんたちもとっても気さく!ちょっぴり引っ込み思案な子も、人の前に立つなんて…と気後れしてしまう子も、まずは見学にでかけてみてください。きっと仲間が自然に受け入れてくれて、新しい自分と出会える気がします。もちろん、最近カラダが鈍ったなとか、実はダンスが好きなんだよねというパパ・ママにもオススメです!

教室名 ヒューマンダンススタジオ
住所 福島県郡山市土瓜1-204-3
電話 024-954-6915(10:00~21:00 常時&時間外FAX対応 日月休み)
HP ヒューマンダンススタジオ
定員 -
対象 3歳~シニアまで
レッスン内容 ヒップホップ、ジャズダンス、J-POP、K-POP、ヨガ(大人)、骨盤リフレッシュ体操(大人)
設立 2000年
時間 キッズ 土曜日
キッズ・ジュニアダンスA (3歳~入門) 13:00~13:45
ジュニアダンスB (初級) 13:50~14:50
ジュニアダンスC (中級) 14:55~15:55
ヒップホップ(入門) (入門) 16:00~17:00
その他曜日のスケジュールはお問合せください。
講習・指導形態 グループレッスン(インストラクター3名)
各教室と連絡先 ヒューマンダンススタジオ 024-954-6915 定休日:日曜日

月謝と費用

スタジオメンバー
入会金 5,400円
キッズ&ジュニアダンスA 4回/月4,500円
ジュニアダンスB・C
月謝 4回/月5,000円  6回/月6,000円 8回/月7,200円
その他の月謝はお問合せください

150527_1

トップに戻る


前の記事

後の記事


福島県内の子育てママはこんな記事も読んでいます。

ピックアップ幼稚園