郡山で話題のサッカースクール、エストレージャスってどんなところ?

郡山で話題のサッカースクール、エストレージャスってどんなところ?

ならいごと ,,

ボールに触れて間もない初心者から未来の日本代表を目指すサッカー少年まで、たくさんの子どもたちが元気に通うエストレージャスサッカースクール。スクールの特徴とこだわりの指導法について、倉沢監督にお話しを伺ってきました。

エストレージャスにはどんな子どもたちが通っていますか?

倉沢監督:幼稚園~小学校高学年まで現在、約250名の子どもたちが通っています(人数は毎年変動)。スクールは学年ごとに4段階に分かれていて、練習日も週1~3回の中から選ぶことができます。また、さらなる上達を目指す選手コースでは、様々な大会に参加したり長期の休み中に遠征を行うなど、将来を見据えた選手の育成にも取り組んでいます。

141107_10

練習ではどんなことを心がけて指導していますか?

倉沢監督:サッカーの楽しさを伝えることを常に心がけていますね。でも、ゲーム感覚の練習を取り入れることはあっても、遊び感覚にはならないように注意しています。なぜならサッカーが上手になるためには真剣さや努力が必要だから。その分、できないことができるようになったときの達成感は格別ですからね。

141107_9

練習を見学していて、いい意味であまり子ども扱いしないことが印象的でした。

倉沢監督:初めてやる練習でも、何のためにその練習をするかを理解して行うのと、ただ何となくこなすのでは上達度が大きく変わってきます。小さい子どもが相手でもしっかり説明することは大事です。エストレージャスに通っている子はみんなサッカーが上手になりたい!という気持ちを持っています。だから僕の話にも真剣に耳を傾けていますし、それがきちんと出来ている子は上達も早いように感じますね。もちろん、上手にできたときにはちゃんと褒めたり、新しく入った子がみんなの輪に入れるように声をかけてあげたりすることも大切にしています。

141107_11

エストレージャスならではのスクールの特徴はありますか?

倉沢監督:元日本代表などの特別講師を招いた直接指導を定期的に行っています。レベルの高いサッカーと間近に触れることで、子どもたちのモチベーションも上がりますし、友達同士競い合うことで全体のレベルUPにもつながる貴重な経験だと思います。

141107_12

トップに戻る


前の記事

後の記事


福島県内の子育てママはこんな記事も読んでいます。

ピックアップ幼稚園